このサイトではより使いやすくパーソナライズされた情報を提供するためにCookieを使用しています。 このサイトをお使いいただくことにより、当サイトのCookieの使用にご同意いただいたものとみなします。 詳細はプライバシーポリシーのページをご覧ください。
  • IASBはIFRS第16号「リース」実務上の便法「Covid-19(新型コロナウィルス疾患)に関連した借手の賃料減免」の延長を決定しました。
IFRS関連:

IASBはIFRS第16号「リース」実務上の便法「Covid-19(新型コロナウィルス疾患)に関連した借手の賃料減免」の延長を決定しました。

2021年3月 24日

IASBは2021年3月10日開催の臨時会議で、公開草案「2021年6月30日より後のCovid-19に関連した賃料減免」(IFRS第16号の修正案)に対するフィードバックを検討しました。

IASBは、Covid-19パンデミックが依然として最盛期にあることから、救済措置の拡張を提案していました。

IASBは経過措置の説明を追加した上で、公開草案を最終確定することを暫定的に決定しました。IASBは実務上の便法を12か月延長することを提案しています。すなわち、借手が元々2022年6月30日以前を支払期限とする支払リース料の減額に対して、実務上の便法を採用することを認めるものです。

IASBはIFRS第16号の修正を再公開することなく、書面投票プロセスを開始することを決定しました。2名のIASBメンバーがIFRS第16号の修正に反対の意向を示しました。

IASBはIFRS第16号の修正を2021年3月31日に公表することを予定しています。

当該臨時会議に関するIASBのアップデート(英語)は下記よりご覧ください。(リンク先に移動します。)
IFRS - Supplementary IASB Update March 2021—covid-19-related rent concessions