IFRS導入支援サービス

BDO Internationalのノウハウを応用し、安心してIFRSの導入を進めていただけるよう、現状分析から、導入・改善プロジェクト管理、文書化の推進に加え、教育研修等まで幅広く支援サービスを提供いたします。

IFRSの導入にあたっては、中期的展望に基づく実行計画とその効率的かつ着実な整備・運用が重要です。
私たちは、そのような企業のIFRS導入を支援するために、IFRS推進室を設置して以下のような特徴及び内容の専門的サービスを提供します。

  • ヨーロッパ各国のBDOでは、2005年度より先行して適用が始まったIFRSについて、既に数多くの事例とノウハウを有しています。私たちは、このノウハウを日本にも応用し、企業が安心して導入準備を進めていただけるよう、サポート体制を整えています。
  • IFRSを導入することによる企業の財務内容及び財務情報システムに与える影響を事前に調査し、IFRSに準拠するための具体的な会計処理の例示及び財務情報システムの改善支援を行っています。
  • 企業がIFRSに基づく適切な会計処理・財務諸表開示のために参考となる標準的な様式(標準的な開示様式案、会計マニュアルや実務ガイダンス)や当該基準等の準拠性を確認するためのチェックリストを利用し、IFRS導入に当たっての現状認識や問題点の把握、IFRS適用のための企業の事業や業務に適合した文書化が促進できるよう助言します。
  • 企業がIFRSを導入し、適用していくために必要と考えられる、関係する従業員の皆様に対する一般的な教育・研修のサポート、並びに教育企画についての助言及びその企画による教育活動を支援します。

IFRS対応国内関係機関の動向

2010年4月以降の国内関係機関の動向を掲載しております。

  • 企業会計基準委員会
  • 日本公認会計士協会
  • 金融庁
  • (2009年12月にIFRS適用開示例等が公表されていることを踏まえ、当該開示例等の公表以降の動向を取り上げています。)
  • 東京証券取引所
  • (2009年10月に上場会社におけるIFRS対応についての調整が公表されていることを踏まえ、当該公表以降の動向を取り上げています。)

IFRSセミナー

IASB(国際会計基準審議会)の動向